2008年03月24日

F1 第2戦 マレーシアGP 決勝結果

ペナルティーで降格となったハミルトンとコバライネン。
中盤からのスタートでどうなる?

ポールポジションはマッサ、2番手はライコネン。
アロンソは7番手、中嶋一貴は18番手からのスタート。


高温多湿の極限バトル F1マレーシアGP決勝 スタート!!

緊張のスタートはフェラーリが制して、ワンツー体制。
トップはマッサ、2番手はライコネン。

オープニングラップでハミルトンは5番手まで順位を上げる。

1回目のピットストップでフェラーリ勢の順位が入れ替わる。
トップがライコネン、2番手がマッサとなる。

そして、悪夢の31周目、『 なんということだーーー!』。

2番手だったマッサが8コーナーでスピン!
完全に自爆です。
このリタイアは痛い。

これもトラクションコントロールの禁止された車をドライブする
経験の少なさのせいでしょうか?

これで、まさかの2戦連続リタイアです。

これでクビサは単独2番手となり、3番手コバライネン、4番手トゥルーリ。

その後方でウェーバー、ハミルトン、ハイドフェルドが
5番手争いを繰り広げる。

そして2007年王者のライコネンが、
信頼性不足に泣いた開幕戦を忘れさせる走りでチェッカーを受け、
今季初優勝!

クビサは自己最高位の2位で、自身2度目の表彰台。
BMWザウバーは2戦連続の2位表彰台となった。

コバライネンが3位で自身2度目の表彰台。

トゥルーリはハミルトンの追撃をかわし4位。

5位に.ハミルトン、6位ハイドフェルド、
ウェーバーはアロンソを抑え7位。

アロンソが8位となった。
 
Hondaはバトンが10位、バリチェロが13位。
SUPER AGURI F1チームはデビッドソンが15位、佐藤琢磨が16位。
ウィリアムズの中嶋一貴は17位で完走を果たした。


まずは、『 ライコネン、今季初優勝 おめでとー!! 』
やっぱ、カッコイイなぁフェラーリ!!

ワンツーフィニッシュが見られなかったのは残念だったけど、
いいもの見させてもらいました。

この調子で次のグランプリも頑張って下さい。

AGURIチームも完走したし、次につなげられるでしょう。
楽しみ。楽しみ。

次は4月6日のバーレーンGP です。

楽しみに待ちましょう!


関連記事

F1GP 第2戦マレーシアGP TOYOTA F1/F1第〓戦マレーシアGP決勝結果/F1マレーシアGP決勝/F1[08] マレーシアGP決勝/マレーシアGP 決勝結果/F1第2戦マレーシアGP決勝/F1 2008 マレーシアGP 決勝結果/F1第02戦:マレーシアGP 決勝/F1マレーシアGP決勝結果/マレーシアGP - 決勝結果/F1 マレーシアGP決勝/F1マレーシアGP決勝結果/F1第2戦マレーシアGP決勝結果/F1 マレーシアGP 決勝結果/F1 第2戦マレーシアGP 決勝結果/F1 第2戦マレーシアGP 決勝結果/1戦オーストラリアGP決勝/GP/GP決勝/F1オーストラリアGP/F1第1戦オーストラリアGP 決勝結果/F1/F1開幕戦オーストラリアGP決勝/F1オーストラリアGP決勝/F1GP2008開幕戦 オーストラリアGP/GP決勝
posted by F1グランプリのファン at 23:57| Comment(0) | TrackBack(3) | F1グランプリ決勝結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

F1 第2戦 マレーシアGP公式予選結果!

マクラーレンの2台が進路妨害で5グリッド降格!

やったー!フェラーリのワンツー!
この調子で決勝もがんばってほしいです。
今回はトラブルがなかったようだし、良かった、良かった。

マクラーレンも降格がなければ、3、4番手でしたから調子は良いのでしょう。

決勝は混戦が予想されますが、
予選ではあまり結果の良くなかった中嶋一貴、
佐藤琢磨の日本人ドライバーにもがんばってほしいものです。

雨の心配もありますが、
そういったサプライズもF1の楽しいところでもありますので楽しみです。


公式予選結果

順位 ドライバー チーム
1 F.マッサ フェラーリ
2 K.ライッコネン フェラーリ
3 J.トゥルーリ トヨタ
4 R.クビサ BMWザウバー
5 N.ハイドフェルドBMWザウバー
6 M.ウェーバー レッドブル・ルノー
7 F.アロンソ ルノー
8 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス
9 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス

10 T.グロック トヨタ
11 J.バトン Honda
12 D.クルサード レッドブル・ルノー
13 N.ピケJr. ルノー
14 R.バリチェッロ Honda
15 S.ベッテル STRフェラーリ
16 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ
17 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ
18 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ
19 S.ブルデー STRフェラーリ
20 佐藤琢磨 SUPER AGURI Honda
21 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ
22 A.デビッドソン SUPER AGURI Honda

関連記事

F1 第2戦 マレーシアGP 公式予選結果/F1マレーシアGP予選結果/F1 2008 マレーシアGP 予選結果/F1第2戦マレーシアGP 予選結果/F1 第2戦 マレーシアGP 予選/ココロの病。/F1マレーシアGP予選結果/1 第2戦 マレーシアGP : 土曜日 暫定予選結果/F1第2戦マレーシアGP(公式予選/F1 第2戦マレーシアGP予選結果/F1マレーシアGP予選結果/F1開幕戦オーストラリアGP
posted by F1グランプリのファン at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | F1グランプリ公式予選結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

F1マレーシアGP開幕!

いやぁー、早くも今季の第2戦マレーシアGPが、
マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開幕しました。


プラクティス1回目
トップに立ったのは、フェリペ・マッサ(フェラーリ)で
2位にチームメートのキミ・ライコネン。
3位にはヘイキ・コバライネン(マクラーレン)が入った。


プラクティス2回目
セッション開始1時間後、ライコネンがソフトタイヤを履いて1分35秒627を出した。

直後にマッサが1分35秒728を出し2番手に浮上。

その後、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)もソフトタイヤを履いて走行したものの、
トップからおよそ0.7秒の遅れを取った。


セッション残り5分頃に、
ハミルトンがソフトタイヤで1分35秒055を記録して、トップに立つ。

セッション終了直前に、HONDAのジェンソン・バトンが4位に入っている。

このセッションでトップに立ったのはハミルトンで、タイムは1分35秒055。

2位から5位までの結果は以下の通り。
2位にフェリペ・マッサ(フェラーリ)1分35秒206、
3位にキミ・ライコネン(フェラーリ)1分35秒428、
4位にジェンソン・バトン(HONDA)1分36秒037、
5位セバスチャン・ベッテル(トロ・ロッソ)1分36秒474。

ジャパン・パワーはヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)が6位、
中嶋一貴(ウィリアムズ)が10位、
ルーベンス・バリチェロ(HONDA)が11位、
ティモ・グロック(TOYOTA)が17位、
佐藤琢磨(SUPER AGURI)が19位、
アンソニー・デビッドソン(SUPER AGURI)が20位となっている。


フェラーリは、前回に続いてマシントラブルがあったようで、
信頼性に疑問を感じます。

ハミルトンの速さは本物で、何時いかなるときも速いという感じです。
だからこそ、フェラーリにはがんばってもらわにゃいかんのぉ。

開幕戦の結果について、イタリアでは酷評がついているようですが、
F1サーカスは、始まったばかりでこれから優勝を重ねればいいわけですから、
そんなに怒らなくてもねぇ

とりあえず、今年はポイント制でトータルで勝てばいいわけですから・・・

予選はどうなることやら。
また、予選から荒れるのかな?

たのしみ、たのしみ・・・


関連記事

F1マレーシアGP/マレーシアGP 金曜日 フリー走行1/GT4で振り返るWRC列伝!!第十四回/どうでもいいことですが/F1 マレーシアGP/3月21日/F1マレーシアGP/そういや・・・/F1マレーシアGP/F1 マレーシアGP/マレーシアGP
posted by F1グランプリのファン at 23:58| Comment(0) | TrackBack(2) | F1グランプリの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品名・型番・キーワード等で検索できます(・∀・)b









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。