2008年03月21日

F1マレーシアGP開幕!

いやぁー、早くも今季の第2戦マレーシアGPが、
マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開幕しました。


プラクティス1回目
トップに立ったのは、フェリペ・マッサ(フェラーリ)で
2位にチームメートのキミ・ライコネン。
3位にはヘイキ・コバライネン(マクラーレン)が入った。


プラクティス2回目
セッション開始1時間後、ライコネンがソフトタイヤを履いて1分35秒627を出した。

直後にマッサが1分35秒728を出し2番手に浮上。

その後、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)もソフトタイヤを履いて走行したものの、
トップからおよそ0.7秒の遅れを取った。


セッション残り5分頃に、
ハミルトンがソフトタイヤで1分35秒055を記録して、トップに立つ。

セッション終了直前に、HONDAのジェンソン・バトンが4位に入っている。

このセッションでトップに立ったのはハミルトンで、タイムは1分35秒055。

2位から5位までの結果は以下の通り。
2位にフェリペ・マッサ(フェラーリ)1分35秒206、
3位にキミ・ライコネン(フェラーリ)1分35秒428、
4位にジェンソン・バトン(HONDA)1分36秒037、
5位セバスチャン・ベッテル(トロ・ロッソ)1分36秒474。

ジャパン・パワーはヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)が6位、
中嶋一貴(ウィリアムズ)が10位、
ルーベンス・バリチェロ(HONDA)が11位、
ティモ・グロック(TOYOTA)が17位、
佐藤琢磨(SUPER AGURI)が19位、
アンソニー・デビッドソン(SUPER AGURI)が20位となっている。


フェラーリは、前回に続いてマシントラブルがあったようで、
信頼性に疑問を感じます。

ハミルトンの速さは本物で、何時いかなるときも速いという感じです。
だからこそ、フェラーリにはがんばってもらわにゃいかんのぉ。

開幕戦の結果について、イタリアでは酷評がついているようですが、
F1サーカスは、始まったばかりでこれから優勝を重ねればいいわけですから、
そんなに怒らなくてもねぇ

とりあえず、今年はポイント制でトータルで勝てばいいわけですから・・・

予選はどうなることやら。
また、予選から荒れるのかな?

たのしみ、たのしみ・・・


関連記事

F1マレーシアGP/マレーシアGP 金曜日 フリー走行1/GT4で振り返るWRC列伝!!第十四回/どうでもいいことですが/F1 マレーシアGP/3月21日/F1マレーシアGP/そういや・・・/F1マレーシアGP/F1 マレーシアGP/マレーシアGP
posted by F1グランプリのファン at 23:58| Comment(0) | TrackBack(2) | F1グランプリの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90392663

この記事へのトラックバック

F1 マレーシアGP PP&優勝予想
Excerpt: 初日はフリー1回目はマッサ、2回目はハミルトンがトップタイムだったそうです。 さてPPと優勝予想です。 PP予想 本命:ハミルトン 対抗:マッサ、ライコネン 要注意:コバライネン、ロ..
Weblog: 蔵前トラック
Tracked: 2008-03-23 13:54

マレーシアGP 金曜日 フリー走行1,2
Excerpt: フリー走行1の結果@GP UpDate.Net 1 F・マッサ フェラーリ 1:35.392 20 2 K・ライコネン フェラーリ 1:36.459 8 3 H・コヴァライネン マ..
Weblog: peculiar-F1-kimi
Tracked: 2008-03-23 18:10

商品名・型番・キーワード等で検索できます(・∀・)b









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。