2008年03月17日

F1グランプリ 第1戦 オーストラリアGP 決勝結果

自動車レースの最高峰、F1グランプリ。


開幕戦のオーストラリアGPは大荒れだった。
出場22台中、完走扱いは8台。


注目の中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)は、
何度か接触して、ピットインをしたのでひやひやしたが、6位に入賞。
自身初のドライバーズポイント、3ポイント獲得した。


15番手からのスタートとなったキミ・ライコネン(フェラーリ)は
着実に順位を上げていった。
しかし、前のマシンをパスしようとして2回スピン、
さらにエンジントラブルが発生し、最後まで走ることが出来なかった。
でも、完走扱いの8位入賞となったので、少なくとも何もないよりはよかった。


優勝はルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)、
2位にニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)。
3位には中嶋の同僚、ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・トヨタ)が入った。


決勝順位

順位 ドライバー トータルタイム
1 L.ハミルトン 1:34'50.616
2 N.ハイドフェルド1:34'56.094
3 N.ロズベルグ 1:34'58.779
4 F.アロンソ 1:35'07.797
5 H.コバライネン 1:35'08.630
6 中嶋一貴 1:35'04.685
7 S.ブルデー 1:30'37.541
8 K.ライッコネン 1:27'55.340
posted by F1グランプリのファン at 01:50| Comment(0) | TrackBack(1) | F1グランプリ決勝結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1第1戦、まさかのチェッカー7台
Excerpt: 2008年F1第1戦「オーストラリアGP」。 1位L.ハミルトン(マクラーレン・
Weblog: R_Blog O2
Tracked: 2008-03-20 13:32

商品名・型番・キーワード等で検索できます(・∀・)b









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。